ハリスホークの鳴き声はうるさいの?気になる餌鳴きとは?

ハリスホークの鳴き声はうるさいの?気になる餌鳴きとは?

飼い主をパートナーとして認識してくれやすく、鷹狩やフリーフライトに人気のハリスホークですが、昨今の住宅状況において自宅で飼えるのかどうかと気になっている方はいらっしゃいませんか?特に気になるのは住宅密集地やマンションで飼った時の「鳴き声」ではないでしょうか?ハリスホークだけではありませんがペットの鳴き声によって住民トラブルが発生することもありますよね。

 

今回はそんな気になるハリスホークの鳴き声について迫ってみたいと思います。

 

ハリスホークの声はうるさい?気をつけるべきは「餌鳴き」

ハリスホークの声は鷹の中でも大きく、個体によってはニワトリの鳴き声よりも大きくなるそうです。「グエーー!」「ブワーー!」といった鳴き声です。そして特に気をつけるべきなのは「餌鳴き」です。

 

餌鳴きとは雛時代から人間が育てた場合に起こりやすい現象です。ようは「餌くれ〜!」と人に訴えかける鳴き声のことです。この餌鳴きは親鳥が育てた個体の場合はほとんどないと言われています。

 

ただ、やはり雛から育てたいと思っている方は多いようで、その結果ハリスホークの餌鳴きに困惑している方も多いのが現状です。

 

集合住宅の場合は特にしっかり検討しよう!

ハリスホークの鳴き声は結構うるさいと上記でご説明したところです。そのためアパートやマンションで住んでいる方には不向きかもしれません。集合住宅に住みながらどうしても鷹を飼いたいなら、ハリスホーク以外の種を選択するか、親鳥が育てたハリスホークにするか、といった検討が必須になります。

 

もちろん個体によって餌鳴きしないものもいますので、事前にペットショップの専門家に相談するべきでしょう!

 

 

以上がハリスホークの鳴き声についての解説になります。どうしてもハリスホークを飼いたくても、ご近所迷惑になっては長く共に暮らすことはできません。ハリスホークの寿命は20〜25年と長生きです。人間とハリスホークが良い環境で暮らせるためには事前の心構えや準備が必要になってきます。この鳴き声に関しても事前に知っていれば回避できる問題でもあります。是非参考にしてみてくださいね。

 

 

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

ハリスホークの価格は?飼育道具はいくらする?
飼い主に従順で初心者でもオオタカ達に比べたら扱いやすいのがハリスホークという鷹。飼ってみようと考えたときにまず気になるのがそのハリスホーク自体の価格ではないでしょうか?今回はハリスホークのお値段について解説して参ります。
ハリスホークの寿命はどれくらい?できるだけ長生きしてもらう2つのポイント
一般的にハリスホークを含む鷹は20〜25年ほど生きられることができます。丁寧に飼育した場合35年ほど生きられることもできるようです。思ったよりも長い寿命ではないでしょうか?野生で生きているハリスホークよりも飼育されている個体の方が長生きできる傾向があるようです。
ハリスホークの雛を販売している関東のお店はこちら!
ハリスホークを雛から育てて自分の相棒にしたい!と考えている方は必見!関東にてハリスホークの雛を販売しているお店を3件ご紹介いたします。
ハリスホークの雛を飼育したい方は必見!絶対にやらなきゃいけない4つの事
できることならハリスホークを雛時代から飼育したいと考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?今回はハリスホークを雛から飼育するために必要なことをご紹介いたします。
ハリスホークを外で飛ばしたい!必要な訓練方法とは?
ハリスホークを手に入れて共に遊ぶにはしっかりと訓練しなければなりません!訓練が行き届いていなければ外に放してハリスホークの羽ばたきを間近に見ることさえできません。ここではハリスホークの訓練について解説していきたいと思います。
飼う前に知っておこう!ハリスホークの上手な飼い方
上手に飼いならせれば狩りやフリーフライトなど、楽しみの幅が広がるハリスホーク。鷹を飼ったことがない方でも知識をしっかりと持っていれば、飼育することも可能ですので、どちらかと言えば初心者向きの鷹になります。 しかしいくら初心者向きと言えど、しっかりと飼い方を知っていなければ、飼ってから後悔する、なんてことにもなりかねません。そこで今回はハリスホークを飼う際に気をつけておきたいポイントをご紹介いたします。

 
HOME