ハリスホークの価格は?飼育道具はいくらする?

ハリスホークの価格は?飼育道具はいくらする?

?飼い主に従順で初心者でもオオタカ達に比べたら扱いやすいのがハリスホークという鷹。飼ってみようと考えたときにまず気になるのがそのハリスホーク自体の価格ではないでしょうか?今回はハリスホークのお値段について解説して参ります。

 

 

ハリスホークの価格について

まず、日本で鷹狩と言えば連想されるオオタカですが、この価格相場は30万〜50万円になっており、100万円を超える個体もあります。

 

一方ハリスホークのお値段はオオタカよりも安く販売されており、だいたい20万〜25万円になります。

 

ハリスホークは鷹の中でも安い部類に入りますので、初めて飼う方にもオススメですよ。安く買えた分、鷹の飼育にかかる費用に回してもいいですね!

 

ハリスホークの飼育にかかる費用について

個体だけでもなかなかのお値段がかかりますが、飼育するにあたって揃えなければならない道具類もあります。

 

例えば餌掛けと呼ばれる革の手袋は3〜5万円、リードを繋ぐ革は2〜4千円、餌入れは1〜1万5千円、移動用の木箱は3〜5万円、頭巾は8千〜1万円となります。これらは外に連れて行くときに必要な道具になります。

 

また飼育するスペースとなるゲージも必要になってきます。これらは飼い方によって変わってきまして、放して飼うときには屋外の鷹小屋が必要になり、リードで繋いで飼うときには大きめの室内ゲージでも飼育が可能になってきます。そしてこれらは飼うハリスホークの人への慣れ具合や性格などによって変化してきますので、ペットショップなどでハリスホークを購入する際に専門家に相談するようにしましょう!

 

 

以上がハリスホークを飼育する際に必要な資金になりますが、参考になりましたでしょうか?ハリスホークだけでなく、飼育道具にも結構お金がかかりますよね。これに加えてエサ代も必要になってきますので、資金には余裕をもたせた上で購入をするようにしましょう!

 

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

ハリスホークの寿命はどれくらい?できるだけ長生きしてもらう2つのポイント
一般的にハリスホークを含む鷹は20〜25年ほど生きられることができます。丁寧に飼育した場合35年ほど生きられることもできるようです。思ったよりも長い寿命ではないでしょうか?野生で生きているハリスホークよりも飼育されている個体の方が長生きできる傾向があるようです。
ハリスホークの雛を販売している関東のお店はこちら!
ハリスホークを雛から育てて自分の相棒にしたい!と考えている方は必見!関東にてハリスホークの雛を販売しているお店を3件ご紹介いたします。
ハリスホークの雛を飼育したい方は必見!絶対にやらなきゃいけない4つの事
できることならハリスホークを雛時代から飼育したいと考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?今回はハリスホークを雛から飼育するために必要なことをご紹介いたします。
ハリスホークの鳴き声はうるさいの?気になる餌鳴きとは?
飼い主をパートナーとして認識してくれやすく、鷹狩やフリーフライトに人気のハリスホークですが、昨今の住宅状況において自宅で飼えるのかどうかと気になっている方はいらっしゃいませんか?特に気になるのは住宅密集地やマンションで飼った時の「鳴き声」ではないでしょうか?ハリスホークだけではありませんがペットの鳴き声によって住民トラブルが発生することもありますよね。 今回はそんな気になるハリスホークの鳴き声について迫ってみたいと思います。
ハリスホークを外で飛ばしたい!必要な訓練方法とは?
ハリスホークを手に入れて共に遊ぶにはしっかりと訓練しなければなりません!訓練が行き届いていなければ外に放してハリスホークの羽ばたきを間近に見ることさえできません。ここではハリスホークの訓練について解説していきたいと思います。
飼う前に知っておこう!ハリスホークの上手な飼い方
上手に飼いならせれば狩りやフリーフライトなど、楽しみの幅が広がるハリスホーク。鷹を飼ったことがない方でも知識をしっかりと持っていれば、飼育することも可能ですので、どちらかと言えば初心者向きの鷹になります。 しかしいくら初心者向きと言えど、しっかりと飼い方を知っていなければ、飼ってから後悔する、なんてことにもなりかねません。そこで今回はハリスホークを飼う際に気をつけておきたいポイントをご紹介いたします。

 
HOME