フクロウの飼育費用・餌代は?

フクロウの飼育費用・餌代は?

フクロウの飼育には毎月のように費用がかかります。必要な費用についてはしっかりと把握し飼育に支障がでないようにしなければいけません。今回は餌代含め、フクロウの飼育費用のお話です。

 

初期費用

初期にかかるであろう費用です。

 

フクロウの購入費用

まずフクロウは普通の鳥類よりも高いです。種類ごとの詳しい値段は【ペットとしてのフクロウの値段|小型・中型・大型】の記事にて解説していますが安くても10万以上はするします。価格帯は10~40万くらいでしょう。血統書つきの犬と変わりません。

 

道具の費用

ケージ・止まり木・皮手袋・水入れ容器・餌入れ・爪切り・肉解体ハサミなどなどが必要です。全部合わせて大体3万前後といったところでしょうか。ケージにかかる費用が大部分になります。

臨時費用

臨時的にかかるであろう費用です。

 

医療費

フクロウが病気をしたら医療費がかかります。人間と違って保険などがあるわけではないので普通に高額です。数万単位でふっとぶと思ったほうが良いでしょう。病気になったときに頼れる病院を見つけておくことも大切です。

 

毎月にかかるフクロウの飼育費用

以下はフクロウを飼育するうえで毎月必ずかかってくる費用になります。

 

餌代

必ずかかってくるのが餌代です。この餌代はフクロウによって変わってきます。メインにウズラをあたえて、たまにマウスをあげるとすれば月に2000〜3000円くらいですね。

 

冷暖房費

フクロウの種類にとって最適な温度に保つ必要がありますから、冷暖房の完備は必須になります。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

フクロウの飼育は初心者でも大丈夫?
フクロウの飼育を考えている人によく聞かれることとして「初心者でも飼えますか?」というものがありますね。はたしてフクロウは初心者でも飼育できるようなペットなのでしょうか。
フクロウの餌はマウス?鶏肉じゃだめ?
ペットのフクロウはスーパーの鶏肉じゃだめなのでしょうか?マウスは必須なのでしょうか。
フクロウを飼うには準備が大切
フクロウ飼育の前の準備を紹介しています。ペットの飼育は総じて大変なのですが、フクロウ飼育の大変さはセキセイインコや文鳥などの比ではありません。きちんと準備をして万全の態勢を整えてから飼う必要があります。
フクロウを飼うのに許可はいる?
フクロウを飼育するうえで何か特別な許可や資格といったものは必要なのでしょうか。
ペットとしてのフクロウの値段|小型・中型・大型
テレビや雑誌などでペットとしてのフクロウがとりあげられることも多くなり、飼ってみたいと思う人も増えたのではないでしょうか。でも気になるのは値段。ペットとして店頭販売されているようなフクロウはいくらくらいの値段なのでしょうか。
ペットのフクロウの餌
健康第一を考えるなら餌に気を使うことは大前提です。今回はフクロウの餌に関する注意点についてお話しています。
飼いやすいフクロウ
「できれば飼いやすいフクロウを飼いたい」と思うのは普通のことです。確かにフクロウの飼育はどんな種にせよ大変ですが、難易度の高い低いがあるのは事実。初心者の方がフクロウの飼育は大変だという大前提を理解した上で、比較的飼いやすい種を購入しようと思うのはいいことだと思います。

 
HOME