ミミズクの種類

ミミズクの種類

ミミズクの種類を紹介しています。ミミズクというのはフクロウ目フクロウ科のうちて羽角※のある種の総称のことです。今回はそんなミミズクの種類とそれぞれの特徴を紹介したいと思います。

 

羽角とは頭部の情報に突き出た耳のように見えるもののことです。哺乳類でいうところの耳のように突出しています。

 

ミミズクの種類

アフリカオオコノハズク

サハラ砂漠以南のアフリカに生息しているミミズクです。全長は19~24cmで、真っ白い顔に黒い縁取り模様がみられるのが特徴的です。(そのことから英名はWhite-faced Scops Owl)ストレスに弱い種であり神経質なことから飼育下ではストレス死してしまうケースがあります。テレビ番組での紹介で有名になりましたが、敵が近くにいる時は木に擬態してしゅっと細くなります。

 

ヨーロッパコノハズク

体長15〜21cm。小型で人に慣れやすいのでペットとして人気があります。性格もおとなしいです。値段は13~18万くらい。

 

コミミズク

全長38.5cmの中型のミミズク。アフリカ大陸北部・アメリカ大陸・南アメリカ大陸・ユーラシア大陸・西インド諸島・ガラパゴス諸島・フォークアイランド諸島・ハワイ諸島・日本・台湾などなどに広く分布しています。

 

ワシミミズク

体長約72cmという大型のミミズクです。メスはとくに大きく羽根を広げたら180cmにもなります。、極地圏と熱帯を除くユーラシア大陸の大部分に分布しており日本でも北海道で確認されています。ノウサギやネズミといった中・小型の哺乳類を捕食対象としています。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

ミミズクの飼い方|フクロウとの違いは?値段は?
ミミズクの飼い方を紹介しています。ミミズクとフクロウはどのような違いがあるのでしょうか。
ミミズクの寿命
ミミズクの寿命ってどれくらいなの?どれくらい生きてくれるの?という疑問をお持ちの方へ。
ワシミミズクって飼育できるの?
全長約72cmもあり、ミミズクの中でもかなり大型のワシミミズクですが、飼育は可能なのでしょうか。ワシミミズクの飼育に関するお話です。
ベンガルワシミミズクの値段
ベンガルワシミミズクを飼いたいけど値段が気になるという方へ・・・。
コノハズク・スピックコノハズクの飼育
コノハズクやスピックコノハズクの飼い方についてのお話です。大方はフクロウの飼い方での説明と同じなのですが、いくつかポイントだけ。
コノハズクの鳴き声
コノハズクの鳴き声を紹介しています。動画をYoutubeより拝借しました。
コノハズク・スピックコノハズクの値段
当サイトではフクロウの飼い方・生態・種類・鳴き声・生息地などなどフクロウに関する幅広い情報をまとめています。

 
HOME